普段使いの袋たち

1423897182668.jpg
端切れ布を組み合わせてお使い袋を作りました。中身が飛び出さないように口が絞れるようにしました。
ビニールコーティングの布ではマスク入れと小物入れです。
束の間の息抜き、至福の時間でした。

| トラックバック (0)

ひさびさ投稿

1415006886412.jpg
娘に頼まれて、お気に入りの布でおしりふきポーチを作りました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ作っていました。

Photo_2


Photo



Asa_bag



久しぶりに作品発表。第一弾

上:皮財布メンズ用中には小銭入れポケットを付けて作ってあります。

中:娘の「こんなのがほしい」にこたえて。入れる物のサイズに合わせて。

下:麻素材の芯なしで作った袋。義姉のイメージの裏地。中にはもちろんポケット付き。

| コメント (0) | トラックバック (0)

今年一番の作品です

最近はとてもおもしろい布が売られていて、キルティング布も気が利いていて楽しいです。

これは綿で表はツイード調、裏はあったか素材です。見返しや裏にはお気に入りのストライプを使いました。

一つ目はママのショートパンツ。色タイツとうまく合わせてほしいです。二つ目のベビー用ズボンは裾にボアを付け足元あったかに。実はこれボアソックスのはき口のところを切って逆さに縫い付けてあり、ポケット口にも使いました。みっつめはプチバッグ。表も裏も残り布無しのぎりぎりの裁断で作ることができ、その点でも満足の作品。

Photo

最近、懐かしい人にお会いすることが度々あります。本当にうれしい幸せな時間❤

私のブログコメントは公表しておりませんし、私しか読むことができませんので、気楽に書き込んでください。楽しみに読ませていただきます(●^o^●)

| コメント (0) | トラックバック (0)

25年一番のお客様

立春も過ぎ今年一番のお知らせには遅いのですが、とてもかわいいお客様のニュースです。

以前、軒先に鳥が巣をかけた時に棚を作ってあげたのがそのままになっていた所に、鳩が卵を産んだのを発見。こんな真冬にと思って数日後、なんと雛がかえっていました。思いのほか成長の速さに驚きました。我が家にはしばしばこのようなことがあるので、鳥のエサは常備されています。

1月8日18

1月9日19

1月13日113

1月17日117

1月19日119

1月21日121

1月23日123

1月24日124

二羽ともちゃんと飛び立ったようです。日中は覗いて見ることができますが、雨の日や夜は親鳥が返って来なくなったらいけないので見ることができません。飛び立ってからは巣に帰ってくることはなかったようです。

1月24日お隣の木に三羽の鳩を見かけましたが、あれがそうだったのでしょうか?
















| コメント (0) | トラックバック (0)

蕪、蕪、蕪

お隣から大好きな蕪をたくさん頂きました。

以前は、味は好きなんだけど、蕪の筋が気になって、皮を厚くむくと食べるところが少ないよなあとなかなか買うのを控えていたのですが、最近厚くむいた皮をきんぴらにしてみたらおいしいことを発見。今回も思いっきり厚く皮をむいて調理。

筋の無いところを薄味で煮てとろみを付けて一品。刻んで塩昆布を入れて、娘のくれたお漬物容器に入れ浅漬け。残りはお味噌汁用に切ってタッパーに保存。そして、いっぱいの皮できんぴら。ゴマ油できのこも一緒に炒めきんぴらの味付け、擂り胡麻をいっぱいかけました。20121126_2
201211262湯気で写真がぼやけました(ー_ー)!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

すみれ同窓会に行く

昨日すみれ洋裁学校の同窓会に行きました。懐かしい人たちに会うのは毎回少し緊張します。優秀な生徒でなかったからでしょうね、きっと。

いつまでも、お手本の先生。ますます輝いていて嬉しかったです。仲間の近況報告には介護と孫、バリバリ活躍している様子など。いずれも励みになります。毎回出かけていく価値のある会です。

幹事さんご苦労様でした。マヤさん(名古屋で幹事さんの一人がオーナーのお店)のカレーもナンもおいしかったです。

お出かけのため自分用に作ったバックです。

20121126

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ2012リニューアル

本当に長い長い道のりでした。HTMLでのホームページ作成。パソコン教室の先生の度胸に感謝です。「年齢的にいかがなものでしょう?」という私に、「やりましょう!」と言ってくださり、とうとうアップに漕ぎ着けました。

頭の中が何度、もちゃもちゃになったことか。それでも、勉強しながら少しずつ進歩したのか、いえいえ、先生の根気が続いたおかげですね。本当にありがとうございました。

内容は前回までのものに手を加えた程度なので、まだ、手直しと記事の差し替えをしなくてはなりません。頑張りましょう!私。

ブログを見たら、始まりが2011年2月となっていましたから、投げ出さなかったのは我ながら偉い・・・

実はこのホームページの作成中に家業、三州建設の初代である父の看病と見送りをしました。公私共に学ぶことの多いこの2年間でした。毎日手を合わせる仏壇で、今日は「パソコンで見るやつ、新しくなったよ。」と、伝えようと思います。

20121120 20121120_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

御無沙汰しました。

最近は何も作ってないのですかと聞かれてしまいました。

ありがたいことに家業が忙しく、なかなかミシンに向かえません。

それでも娘に頼まれたり、創作意欲がムズムズと湧いてきていくつか制作しましたので、ご披露したいと思います。

水玉の生地はいずれも京都の布屋さんで手に入れました。お気に入り。

えんじはシフォンにモコモコの刺繍。白黒は木綿です。

モコモコ刺繍のバックは縦横25センチくらいの小さなもの。

パイソン柄は合皮で娘のオーダー。以前にも型違いを作り、今回は残りを接いで作りましたが、横長が気に入ったそうです。横幅が40センチくらいあります。二人の娘たちに同じものを作りました。

マリメッコの派手な袋は下の娘がインターネットでまさかこんなに大きなプリントとは思わなくて購入。どんなのを作ろうかといろいろ考えましたが、いっぱい入るエコバックのように作ってみました。下の角にはシルバーのレザーをアクセントに使いました。

白黒を裏に使ったグレーの合皮バックは自分用。娘用に作ったシュシュをお土産に新幹線の中で記念写真です。

Photo

Photo_4

Photo_3

Photo_5







| コメント (0) | トラックバック (0)

2012祇園祭

祇園祭に行ってきました。

のんびり観光とはいきませんが、京都祇園祭へちまきをもらいに行きました。

ここ二年ほど続けていますので今年も是非と菊水鉾を目指します。

この季節になるとの一つ目、祇園祭の参考本でのにわか勉強。

それ情報で、えびす神の御利益のある商売繁盛の菊水鉾です。

ちまきを買ったらもちろん鉾の上に上がらせてもらいお祭り気分を味わいます。

このちまきはお守りさんで食べることは出来ません。

一年間、お正月のしめ縄のように玄関に掛けておきます。

その下を通ると悪疫から免れます。

ゆっくりそれぞれの鉾や山車を見て歩きたいものです。

Photo

Photo_6

この季節になるとの二つ目は、決まって読み返す本。

森見登美彦の宵山万華鏡と浅田次郎の活動写真の女。

何度読んでもワクワクします。

京都の夏、現実は暑いばかりかもしれませんが、私にとっては宝の時間。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ブルーベリー狩りに行く